So-net無料ブログ作成
検索選択

男女が愛し合い続けるために必要な“○○”とは

「恋は3年で冷める」、「愛は4年で終わる」!?
“恋は3年で冷める”のは脳のせい! では結婚後の夫婦仲はどう長続きさせればいいの?
男女の脳のシステムから思考の違いを理解すると
                          男性の行動の仲に隠された「愛」に気付きます
3年しかもたない恋を乗り越えて、夫婦が幸せに一生添い遂げるためにどうすれよいのか
夫婦円満に必要な“妻力”について、具体的に考えてみましょう
人類学者ヘレン・フィッシャー博士のベストセラー著書『愛はなぜ終わるのか』の中で
                              「愛は4年で終わる」と提唱されています
博士は、いろいろな国を調査し、統計的に
                     結婚して4年後に離婚する傾向が高いこと発表しました
脳科学的データからすると、ドーパミン効果は3年で切れてしまいます
そして、ドーパミンが切れたことによって
                      感情のままに押し流されてきた恋は終わりを告げます
だから、結婚して4年目を迎えた頃に、自分の将来を真剣に考え始めるのです
「結婚して4年目に離婚する夫婦が多い」というヘレン・フィッシャー博士の発表は
                                   脳科学によって裏付けされます

「“恋は3年”説は、子孫繁栄の本能から生まれた」
“恋は3年”説は、古来、原始時代からの人間の本能によって
                            進化の過程で生まれた脳内のシステムです
人間は2足歩行を始める約400万年前までの進化の過程で
                             他の乳類に比べて骨盤が小さくなりました
骨盤が小さくなると、子宮・産道の大きさが制限され
       他の哺乳類のように1人前になるまでお腹の中で育てることができなくなります
人間は、他のほ乳類の基準でいうと“未熟児状態”で赤ちゃんを出産します
そのため、赤ちゃんが自分で食事・排便等ができるようになるまで
             手取り足とりつきっきりで育ててもらわないと生きていけなくなりました
このように、母親が子どもにつきっきりになって保育しなければならなくなると
              父親が妻子を保護し、食事を与えなければ妻子は生きていけません
こうやって、子孫繁栄のために夫婦が協力して一心不乱に子育てをする期間が3年です

さらに人間は、2足歩行をするようになって、脳が大きくなり
                   人間は先を予測する能力(想像力)と理性を発達させました
この想像力によって、女性は出産・子育ての苦痛や苦労を予測し
                      男性は妻子を守り育てることで感じる重責を予測します
さらに、子供を産み育てることで、男女ともに、生活の上での制約をされることも予測します
その予測に対し、理性による判断によって、子孫繁栄を阻む決断をしかねません
そこで脳内物質ドーパミンが、出産・子育ての期間3年の間
                         理性的判断を抑制して本能や感情を優先させます
こうして、子孫繁栄という人間の一番大きな本能的行為を
                      ドーパミン効果による恋愛システムが守り抜いたのです

「”イクメン”や”残念な夫”が生まれても、恋愛の本能は受け継がれている」
時代は移り変わり、男女平等で女性の社会進出が進みました
赤ちゃんも生まれてすぐに保育所に預けられる家庭も少なくありません
“子育ては女性がするもの”という言葉は死語となり、“育メン”という言葉も広く知られています
そんな時代を反映するかのように、ドラマが人気となっています
仕事はできるが妻の苦労を理解せず、子育てや家庭サービスがイマイチの夫が
              妻との対立を一生懸命乗り越えようと努力するドタバタぶりを描いて
妻の目線から、世の『残念な夫』たちに警告を鳴らしているかのようです

時代はこんなに移り変わっていても、脳の恋愛システムは400万年前と変わらず
                  3年間はドーパミンの分泌が盛んで“恋は盲目”状態なのです

「愛され続けるには“妻力”が必要」
“妻力”とは、本能から生まれた“恋愛システム”が解除されても、妻が夫に愛され続ける能力
“アゲマン”と似たような意味です
但し、“アゲマン”は男性を幸せにする女性という意味
                            “妻力”は男性に愛される女性という意味です
夫が妻に望む“妻力”は
「子供を産み育て家事を上手にこなして家庭を守り、親とも仲良くしてくれたらなお良し」です
結婚に幻想を抱く世の未婚男性たちは、理想の女性には
                      “妻力”だけでなく、優しく元気で明るい性格も求めます

さらに、女性が強くなって、男性が“草食男子”と呼ばれる時代となった現代にもかかわらず
   古来狩猟で家庭を守って来た男性の本能が生んだプライドが残っているのでしょうか?
男性は、自分を立ててくれる女性を好む傾向があります
これらの男性の理想を、上手に叶えて喜ばせてあげることができる女性は
                    生涯夫に大切にされる“妻力”を持っているといえるでしょう

「愛されるには、愛が必要!?」
しかし、男性が理想とする“妻力”は
              男性主観の男性に都合の良いものばかりともいえるかもしれません
それを叶えてあげる妻がいるとすれば、それは妻の夫に対する愛のたまものでしょう
でも、一方的に妻が努力するばかりでは、妻にストレスがたまる一方で長続きしません
そんなとき、夫の小さな思いやりが妻のストレスを解消してくれます
「『ありがとう!』『いつも苦労かけてごめんね!』の
            一言があるだけでがんばれる」という言葉を聞いたことがあると思います
これは、幸せホルモンの分泌によって、“妻力”発揮のためのストレスが解消されて
                                   またがんばろうと思えるからです

このような現象が起こる理由も、脳内物質の分泌にあります
人はストレスを感じると、脳内にストレスホルモンが分泌されます
しかし、ちょっとしたことでも「嬉しいな!」「幸せだな!」と感じることがあれば
                   幸せホルモンが分泌して、ストレスを中和して消してくれます
夫の思いやりを感じるだけで妻が“妻力”発揮に励むことができる理由は、ここにあるのです

ちなみに、脳内には、抱擁ホルモン(オキシトシン)という脳内物質があります
これは、良好な人間関係(夫婦関係)の間で生まれる幸せ感と
                   スキンシップによる安心感によって分泌される脳内物質です
この抱擁ホルモンにもストレスホルモンを中和する働きがあり
     仲良し夫婦は、常に抱擁ホルモンによる幸せ感や安心感に包まれているといえます

結婚生活を長続きさせるには“妻力”も大切ですが、それ以上に“妻力”を発揮し続けるために
                          優しくて頼もしい夫の存在が必要であるようです
妻の脳内には、夫のおかげで、幸せホルモンや抱擁ホルモンが一生分泌され続け
                              妻は常に幸せで安心していられるのです

女性は、そんな男性(今はそうでなくても、そんな男性の卵)を見極めるための
                      “男を見る目”を磨かなくてはならないのかもしれません
nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
adgger
もう何ヶ月「なし状態」?潰れたか・・・(-"-;)