So-net無料ブログ作成
前の7件 | -

どうにも「胡散臭い」・・・?

・「地震雷火事おやじ」、本当は「地震雷火事台風」
昔から、怖いものはと言えばすぐに思い浮かんでくるのが「地震雷火事おやじ」
怖いと思うものの名前を七五調に並べ、リズムの良い文章にまとめたもの

親父は怖い、すぐ怒る・・・なんて納得? 実はこの「おやじ」が本当は「親父」じゃない
この「おやじ」、漢字を当てると「大山風」(おおやまじ)
                       もしくは「大風」(おおやじ)だ、という説がある

「大山風、大風」とは現代で言うところの台風を示す言葉
本来は「じしんかみなりかじおおやまじ(おおやじ)」であったものを
               語調をよくするために「じしんかみなりかじおやじ」と言い換え
やがてそれが「地震雷火事親父」の意味だと、取り違えられたと言うことこと
この説にも異論はあります
「地震雷火事台風」では単に災害を並べただけで面白みがない
                最後に「おやじ(親父)」が来るからこそ、面白いという主張

・「ひょんなこと」の「ひょん」って?
「思いがけないこと」「意外なこと」と言った意味で使われる
                                「ひょんなこと」という言葉がある
「ひょんな事から知り合った」と言ったような使い方をします
                「ひょんなこと」の「ひょん」とは、一体どういう意味なのか?
室町時代に既に「ひょんなこと」という言い回しが使われていたことが分かっています
                        その時代は今とは違う意味で使用されていた
江戸時代の儒学者、新井白石はこの「ひょん」は
             「凶」という字の中国よみから来ていると説を著作に残しています
他にもイスノキという木に虫が寄生してできる
        虫こぶの穴に息を吹き付けると「ひょーひょー」と鳴ることから来たという説
他の木に寄生して成長する宿り木の事を東北地方で「ひょー」と呼ぶ地域があって
                               その名前が語源という説もあります

・「埒があかない」「うだつがあがらない」は建築用語
物事の決着がつく、つかないを「埒があく」「埒があかない」といいます
                        この「埒」というのは元々低い垣根や柵の意味
「埒があく」とは、この柵を設けて
                 土地の境界線を明らかにすることから来た言葉と考えられ
歳を取っても頭角を現せない
          低い地位に甘んじることを「うだつがあがらない」という言い方をします

屋根を支える横木と棟木の間に立てる柱を「うだつ」と呼び
       この柱が上から押さえつけられているように見えることから
                         「うだつが上がらない」という言葉が生まれた
簡素な家にはこの「うだつ」が使われないことがあり
          この事から、棟上げもできない境遇にあることを
                         「うだつが上がらない」と呼ぶ、という説もある

・「ピンからキリまで」はカルタから
価値の最も高いものから、最も低いものまで色々なものがある
                    という意味で使われる「ピンからキリまで」という言葉
南蛮貿易が盛んな時代、ポルトガルから持ち込まれたカードゲーム
                            このカードゲームは「カルタ」と呼ばれた
南蛮カルタと呼ばれたこのカードゲームはやがて日本風にアレンジされ
               1から12の札の組み合わせで遊ぶ「天正カルタ」となりました
この「天正カルタ」の一の札を「ピン」と呼び、十二の札を「キリ」と呼ぶ
「ピン」とはポルトガル語で「点」を意味する「ピンタ(pinta)」から来ているとされている
「キリ」の語源は十字架を意味する「クルス」がなまったという説もあるが
              日本語の「きりがない」の「きり」からきた、という説の方が有力

・きな臭い
紙や布などのこげたにおいがする際に用いられた語で、類語に「胡散臭い」がある
きな臭いの「臭い」は「らしい」といった意味の「臭い」でははなく
                            「におう」という意味そのままの「臭い」
本来の意味では
こげることが想定されていない紙や布などがこげた際には「きな臭い」を用い
      料理時の魚や肉など、こげることが想定されている物には「こげる」を用いる
きな臭いの語源は、「きぬくさい(衣臭い・布臭い)」の転
           「きのくさい(木の臭い)」の意味、「き」が「香」の意味など諸説ある
きな臭いは、火薬の臭いがするという意味から
        戦争や事件などが起こりそうな気配がする際にも用いられるようになった
想定外の物がこげた時に用いられる言葉であることや
   戦争や事件が起こりそうな気配を言ったことから
                   なんとなく怪しいことにも「きな臭い」と言うようになった

「胡散臭い」の「胡散」は中国語でも同じ「怪しい、疑わしい」という意味
この胡散という言葉の由来となっているのが
             ポルトガル語のVsanna(ウサンナ)だと言われており意味も同じ
しかしこれだけでは終わらないのがこの言葉、文字通り「うさんくさい」説は他にもある
江戸時代に高級品として知られていた焼き物で胡盞(うさん)という茶碗があった
高麗の焼き物と言われていたのだが
           実際のところ中国からのものが多く、本物かどうかわからなかった
また、同じく江戸時代、烏散(うさん)という薬があったが
苦いわりに効き目がないと言われていたため、疑わしい意味で使われるようになった
 
nice!(15) 
共通テーマ:日記・雑感

3秒ルールは「アリ」

食べ物を床に落として「3秒以内に拾えば食べても大丈夫!」という
                          「3秒ルール」を適用したこと、ないだろうか?
食べ物を床に落として果たしてどれだけのバクテリアが食べ物に付くかを
                真面目に調べた科学者が、「3秒ルールはアリ」と結論付けた

・87%の人が床に落ちた食べ物を食べた経験あり
なんの根拠があるのか分からないこの「3秒ルール」
秒数の違いはあれど、実は世界各地に似たようなルールが存在する
                                英語圏では「5秒ルール」が一般的
アストン大学のアントニー・ヒルトン教授が500人を対象に行なった調査によると
                  87%の人が床に落ちた食べ物を食べたことがあると答えた
また、5秒ルールを適用しているのは女性の方が多いということが分かった

ヒルトン教授はこの5秒ルールの有効性を科学的に検証しようと
                さまざまな種類の床にさまざまな種類の食べ物を落として実験
・柔らかい食べ物は急いで拾おう
教授の説明によると、床の表面素材、落とした食べ物の種類、食べ物が
床に落ちていた時間が、食べ物にどれだけバクテリアが移るかに影響することが分かった
目に見えて埃にまみれてしまったら食べるべきではないが
    明らかにバイ菌に汚染されていなければ、室内の床に数秒落ちたくらいでは
        食べ物に有害なバクテリアが付く可能性は低いということが科学で示された
1000万個のバクテリアの中に、トーストを落とした実験について説明
床から3秒で拾い上げた時は25〜30個のバクテリアが付いたが
              30秒で拾い上げても、それ以上のバクテリアが付くことはなかった
ただし、だからと言って何でもそうであるわけではなく
        調理済みのパスタを落とした場合、トーストと比べ10倍のバクテリアが付いた
これはパスタの粘性が原因で、30秒後に拾った場合はバクテリアの数は
              さらに10倍になっており、柔らかい食べ物の場合
              床に放置された時間が長ければ長い方がバクテリアの数も増えた
また床の種類では、バクテリアが移る可能性が1番低いのはカーペットで
                  ラミネート加工された床やタイルの方が、リスクが大きかった

食べ物によっては30分も!?
ビスケットやトーストなど表面が硬い食べ物であれば
                   30分は放置しても大丈夫だという調査結果を紹介している

ヒルトン教授は、バーミンガム在住の40組の家族や生徒の自宅で台所
                   ダイニングルーム、居間の床のバクテリアをそれぞれ調査
学生の床の方が汚れてはいたものの、有害なバクテリアはあまり見つからなかったという

この調査をもとに、「5秒ルールを適用した方がいいもの」と
                           「30分床に放置しても大丈夫なもの」を紹介
教授によると、乾燥している食べ物や硬い食べ物は
                             時間が経っても汚染されるリスクは低い
一方で、より粘性が高く水分のある食べ物は、5秒ルールを適用した方がいいとのこと

例えば、「5秒以内に拾うべき食べ物」は、グミなどのベタベタしたアメ
調理済みパスタ、フライドポテト、ドーナツ、バターを塗った面を下にして落ちたトーストなど
一方で「30分放置しても大丈夫な食べ物」は、サンドイッチ、ポテトチップス
            トースト(何も塗っていないもの)、ビスケット、チョコレートとなっている

大部分のばい菌は、ブドウ球菌のように人間の肌から付く場合の方が多く
 「家の床に落とした食べ物を食べたから体調を崩すといった危険性は限りなく小さい」
                                              としている
室内が土足の住環境である英国でそうであれば
  室内では靴を脱いで生活している日本の住環境なら、余計リスクは低いかもしれない
ということで、今後は3秒ルール、時には30分ルールを適用して
              食べ物を無駄にすることなく堂々と食べよう・・・ただし自己責任で
nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「人質が実行すべき対策」

外務省のパンフレットに見る「人質が実行すべき対策」

普段はあまり考えないことですが、私たち自身や私たちの子どもが
                    誘拐・監禁に遭うことも、けっしてないとは言い切れません
もし万が一、そんな事態に陥ってしまったとしたら、いったいどんな行動をとればいいのか?

外務省が配布しているパンフレットから、誘拐・監禁されたときのために
                            覚えておいたほうがよい対策をご紹介します

『誘拐された場合、どうしたらいい?』
外務省が広報しているのは「海外における脅迫・誘拐対策Q&A」というもの
「海外における」とありますが、国内での被誘拐時においても参考になる部分も多々あります
今回ご紹介するのは
           「誘拐された場合、生き残るためにはどうしたらいいですか?」という項目

『逃亡は良策ではない』
まず誘拐された場合
          「逃亡」は100%成功する確信がない場合には行わないほうがよいとのこと
誘拐事件の犯人の主たる目的は人質の殺害自体ではない場合が大部分であるため
               拉致の段階ではできるだけ早く自分の感情をコントロールし
                犯人の指示に従い生き残る可能性を高めることが重要だそうです

『監禁されたら』
監禁中、人質が実行すべきとされている主なことは次の通り
・犯人との間で人間関係をつくること(ただし「ストックホルム症候群」(※注)には注意)
・思想、宗教、政治等につき議論をしないこと
・家族や会社の情報、その他の個人情報を極力与えないこと
・自己管理をすること ・健康を維持すること ・環境を整備すること

『必ず開放されると信じる』
自分の感情をおさえ、自尊心を失わず、健康であり続けるよう注意をはらう
絶望的な状況下で行うにはとてもむずかしいですが
       必ず開放されると信じて上記のような意識を持つことが大切だと書かれています

「じゅうぶん逃げられる状況があったのでは?」という声もありますが
     無理やり逃亡しようとせず犯人との間で人間関係をつくっていたからこそ
               最終的に無事帰ることができるという見方もできるかもしれません

『外務省のHPで公開』
「誘拐されないために」という防犯対策はしきりにされるものの
        万が一「誘拐、監禁されてしまったら」については
                             これまであまり考えたことなかった人も多い

これを機会にそうした部分に目を向けてみるのもよいかもしれません
外務省の「海外における脅迫・誘拐対策Q&A」にはさらに詳しい情報が載っていますので
      気になる方は読んでみてください。ホームページ上からPDFで見ることもできます

※ストックホルム症候群
  誘拐・監禁などの事件で、被害者が犯人と近い距離で時間を共有した結果
                      犯人に対し同情や好意等を強く抱いてしまうことをさす
  1973年にストックホルムで起きた銀行強盗事件で
            監禁された被害者がしだいに犯人に協力するようになり
                       警察に抵抗するまでにいたったことからこう呼ばれる
nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

心地よく入眠する方法

心と体の休息のために“睡眠が大事”ということは周知の事実
しかし「なかなか寝つけない」 「熟睡できない」などといった
                睡眠に関する悩みを抱えている方が非常に多いのが現実
なかには“眠れない”ことがストレスとなり、悪循環に陥ってしまっている方も少なくない
これは非常にツラいことです

・1 アプリを利用する
眠る前に聴くとリラックス状態になり入眠を促してくれる音があります
それは「波や風の音、川のせせらぎ、鳥のさえずり」といったような静かで単調な音
近頃では、このような音を集めたアプリも存在するので利用してみるといい

・2 ナーディ・ショーダナ(片鼻呼吸法)を取り入れる
片鼻ずつ交互に呼吸を繰り返し、酸素をバランスよく取り入れる“ナーディ・ショーダナ”
自律神経が整い、リラックスできるといわれている呼吸法
「不安なとき、緊張しているとき、神経が高ぶっているとき」
                 そして、なかなか寝つけないときに取り入れてみましょう

『ナーディ・ショーダナ・プロセス』
(1)快適な座法で座り、右手の人差し指と中指を軽く曲げ
                                 手のひらを自分の方に向ける
(2)親指で右の小鼻を押さえ、左の鼻から息を吸う
(3)薬指で左の小鼻を押さえ、右の鼻から息を吐く
(4)そのまま右の鼻から息を吸い、親指で右の小鼻を押さえ、左の鼻から息を吐く
                                            (2)に戻る
この呼吸法を、心地良く感じるまで数回繰り返します

・3 足を温める
私たちの体は、深部体温(体の内部の温度)が下がり始めるときに入眠することで
                                深い睡眠を取りやすくなります
そのためにも、末端の血管を拡張させて温かくしてあげることが重要
そこから深部体温を放熱させ、体温の低下を促すことができるからです
眠る前まで靴下を履いたり、足湯をしたりして
                           足を温めてあげることをオススメします

・4 セロトニン不足を食べ物で解消
心のバランスを整える作用を持つ伝達物質“セロトニン”は
                                  睡眠にとっても必要不可欠
“メラトニン”という睡眠ホルモンの材料になり、入眠を促す働きを持つからです
ここで覚えておいて欲しいのが、セロトニンはトリプトファンや
   ビタミンB6が材料となって作り出されるため、食事からの摂取も大切だということ
バナナやチーズ、ヨーグルト、大豆食品
                   たらこなどをバランスよく献立に取り入れてみましょう

入眠を促し質のいい睡眠を取るため、入眠テクニックも参考にしてみましょう
nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「耳かき」でしてはいけないNG事項

定期的に耳そうじをしているはずなのに、なぜだか“大量に耳あかが出る”
“耳の中がかゆくてたまらない”“耳だれが出る”などといったことはありませんか?
その要因の一つに、耳そうじのやり過ぎというのがあるかもしれません

実は、耳かきは依存性の高い行為として知られ、“耳かき依存症”という言葉もあるほど

NG1 毎日、耳かきをしている
耳かきって気持ちよさを感じ、クセになってしまいませんか?
                        頻度は“2週間~月に1回程度”に留めましょう
耳かきがクセになってしまう理由は、耳の穴には“アポクリン腺”と“迷走神経”があり
                              刺激されると快感を覚えやすいから
耳そうじのし過ぎで、外耳道炎や外耳道湿疹などを
                           引き起こしかねませんので注意しましょう

NG2 お風呂上がりに耳かきをしている
「皮膚がやわらかくなってそうだから」「湿っていてちょうどいいから」などと思い
                 お風呂上がりに耳かきをしてしまっている方もいるのでは?
実は、お風呂上がりの耳かきはNG!
というのも、お風呂の温かい蒸気で皮膚がふやけており
                     力をちょっと入れただけでも耳を傷つける恐れがある
耳かきは、皮膚が乾いているときに!

NG3 小指を耳の穴につっこむ
突然耳の穴がかゆくなり、小指を耳の穴につっこむ・・・というのもNG
              爪の間にはゴミがたまっていたり、細菌が繁殖していたりします
その爪で外耳道を傷つけてしまったら、炎症を引き起こす可能性大
                  耳そうじをするなら、“めん棒”でそっとふき取る程度でOK

NG4 :めん棒を水や油で湿らせる
国民生活センターによれば、めん棒の綿体(先端部分)を水や油等で湿らせ
             一定の力で引っ張ると、軸から外れてしまうものがあると分かった
実際に、耳そうじ中に綿体が軸から抜けて、耳の中に残るという事故があった
できるだけ、水や油で湿らせてめん棒を使うのはやめましょう

NG5 耳の奥まで入れ過ぎる
「耳の奥に耳あかがある」と、耳かきを奥に入れたくなってしまうもの
ですが、家で行う耳そうじであれば、外耳道入口部分から
                      1センチ以内の見える範囲までにしておくのが無難
手に届かないところにあるものは、耳鼻咽喉科で除去してもらうといい

なお、耳そうじをする際は、安定した姿勢・明るい場所で落ち着いてやるように
お子さんの耳かきをする場合は、「動いたら危ないからね」と
                             きちんと伝えてから行うようにしましょう
nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

意外と知らない右左の話

普段何気なく使っている「右」と「左」という言葉ですが
                      この語源を聞かれても答えられる人は少ないはず
「右に出るものはいない」「左遷」など
            普段耳にする言葉を取り上げながら、言葉の謎を紐解いていきます

優位は右か左か? 上座は右か左か? そもそも、なぜか? 右や左の語源は何か?
こういうことは気になり出すと、止まらない

日本は、神話を読むとわかるが、「左優位」である
                      そして「天子は南面す」ということで、玉座は南向き
南向きの玉座に座ってみると、左側が東 日の昇る方角である
だから、左が優位
さらに言うと、「左」は「日出り(ひでり)」が語源というのが現在の定説であるという
                                         (「右」は諸説あり)

さて、ここで疑問が湧く
「右に出る者はいない」=右が優位である

これは、「家来の側」から見た視点だという 王の玉座側から見ると、左が優位
しかし、正対している家来側からみると、右が優位になる
                         (つまりこの場合、右が太陽の昇る東の方角)

だから、「右に出る者」の方が偉い
そして、関連して「左遷」という言葉も、「左に落とされた」という、家来の側の視点である
言葉の主となっているのが、王ではなく人民の側なのである

なるほど納得 普段何気なく使う言葉にも、歴史や意味がある
 
nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「効果的な節約術」のウソ・ホント

「ちりも積もれば山となる」とは言ったもの
電気代、水道代、ガス代などの水道光熱費を筆頭に
                    小さな節約の積み重ねはやがて家計に大きくかかわってくる
せっせと節電や節水に励んでいる人も多いだろう
                    しかし、なかには本当に節約になるのか、あやしい方法も…

1)冷蔵庫はスカスカ、冷凍庫はぎゅうぎゅうにするとよい
⇒ホント!
冷蔵庫は中身がパンパンになるほど冷却効率が悪くなり、電気代もかさみます
必要な食材が見つからずドアの開閉時間が長くなるデメリットもあるため
                            庫内にものを詰め込むのはオススメできません
一方、冷凍庫は隙間なくぎゅうぎゅうにするのが正解!
冷凍された食材がお互いに保冷剤の役割を果たすので
                         庫内温度が上がりにくく余計な電気を消費しません

2)冷気を逃がさないよう、冷蔵庫内にビニールカーテンをつける
⇒ホントでありウソでもある
スーパーの生鮮食品売り場のように冷蔵庫にカーテンをつけると冷気が逃げるのを
    防ぐ効果はありますが、家庭用冷蔵庫の場合、使い方によっては節電にならないことも
カーテンがジャマで食材が取り出しにくくなり
      “パッと開けてパッと閉める”ができず開閉時間が長くなってしまうこともあるからです
まずは、冷蔵庫の上に電子レンジを置かないなど
                        放熱を促す工夫をしたほうが節電効果は高いでしょう

3)エアコンはつけっぱなしにせず、こまめに消す
⇒ウソ!
設定温度まで下がったら一度消し、暑くなったらまたつける…これは間違った使い方です
エアコンは起動時の消費電力量が1kWh(1000Wh)ほどで
                                その後ゆるやかに電力量が下がります
設定温度まで達した後の消費電力量は100~200Wh
一度オフにして再び冷やし直すより
                温度を保ったままアイドリング運転させたほうが電気代はお得です
つけっぱなしで外出する場合も、カーテンを閉めておけば
                           1時間程度の電気代は4~5円しかかかりません
エアコンは、ズボラな人にやさしい家電です

4)蛇口をほんの少しだけひねって溜めた水は、水道代がタダ
⇒ウソ!
これは紛れもなく都市伝説
このウワサが出回るようになったのは、昭和40年代頃まで水道メーターの性能が
                               今ほどよくなかったことと関係しています
現在のメーターは、わずかな水漏れですらしっかりカウントするほど精巧
一晩かけて洗面器いっぱいに水を溜めたところで、全部しっかり請求されます

5)PCはスリープモードにせず、毎回シャットダウンする
⇒ウソ!
PCは起動時にもっとも電力を使います
1~2時間ほど作業を中断するくらいであれば、その都度シャットダウンするよりも
                    スリープモードで待機させておいたほうが省エネになります
また、一定時間キーボードやマウスに触れないと
                          スクリーンセーバーが作動する設定も解除すべき
使用しない間は画面が真っ暗になるスリープモードと違い
                映像が動くスクリーンセーバーはかえって電力を使ってしまいます

6)蛍光灯はつけっぱなしのほうがいい
⇒ウソ!
“蛍光灯を何度もつけたり消したりすると、ものすごく電力を消費する”と
                   昔から言われていますが、これはただのイメージにすぎません
確かに点灯時、一時的に電力が上がる仕組みではありますが
                             電気代に影響するほどではないので安心して
人のいない場所はこまめに消す シンプルな節電を徹底しましょう

7)野菜をゆでる時はガスよりも電子レンジを使う
⇒ホント!
レンジのほうが調理時間が短く済むため、ガス代の節約になります
省エネルギーセンターの検証によると、毎日野菜をゆでる場合
ほうれん草などの葉野菜は年間で約860円、ブロッコリーなどの果菜は年間で約930円
                      ガスよりレンジを使ったほうがお得との試算が出ています
少量だけ使いたい一人暮らしであればなおさら 洗い物も減り水道代の節約にもつながります

コツコツ実践していた節約術が、実は意味のないものだった…なんてこともあるかも
哀しい努力を続けぬよう、今一度見直してみることをオススメしたい
nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の7件 | -
adgger
もう何ヶ月「なし状態」?潰れたか・・・(-"-;)